目次へ

癒しのれんたるブログ

マッサージチェアはレンタルするもの、を当たり前に。“ほっとする癒しの時間”をご提供するブログ

会社が出来るまでの経緯の最近のブログ記事

【会社ができるまでの経緯、その③】 仲島@いやしのレンタル

2009年6月12日 09:03

おはようございます。癒しのれんたるの仲島です。

本日は会社ができるまでの経緯、その③についてご紹介させて頂きます。のん気に昼食をご一緒させて頂こうとお邪魔したら、そこはなぜか営業会議の真っ只中。よくわからないままに、ファミリー株式会社のマッサージチェアを広くみなさんに知っていただくことをご提案することになりました。

ファミリー株式会社の稲田社長との会話の続きです。

仲『ではまず、実際に販売の現場を知りたいのですか。』

稲田社長『じゃあ、年末年始にキャンペーンをするからそれをまず手伝ってもらいましょう。』

仲『わかりました。』

関東、関西、北海道、福岡・・・。日本全国で仲間と一緒に年末年始の販売キャンペーンに参加しました。ここで初めて、マッサージチェアを販売する経験をしました。

ところが、結果は全然だめでした。体験していたもらって、商品の説明に近づいたとたんにサッと立ち去られてしまう。そんなことが何度も続きました。

(やっぱり、売り込みに近づいて来られたら嫌だろうなあ。)

(じゃあ、人がいなくても商品を説明できるキットを作ったらどうか?)

ということで、タッチパネルの画面を設置してお客様が何か知りたいと思ったときにその画面を触ればわかるものを作ろうというご提案をしました。このアイデアをご評価いただいて、必要な機器の見積もりも取って、いざ製作に取り掛かろうとしたタイミングで、

稲田社長『やっぱりそれじゃダメでしょう。』

(・・・うそー!!!)

稲田社長『もう一度、考えてみてください。もっとお客様の喜んで頂けることがあるはずです。』

仲『わかりました。考えてきます。』

振り出しに戻りました。この間に要した時間は約半年・・・。確かにタッチパネルの案内板を作ったところでお客様にあんまりよろこんでもらえません。そこで、販売していたときにお客様から頂くご意見を思い出してみました。

お客様『いいんだけど、買うには高いよね~。』

お客様『3年ぐらいしたらいいのが出るんだよね~。買ってから後悔するの嫌だしね。』

お客様『いらなくなったら困るのよね~。高い買い物だから簡単には捨てられないし・・・。』

・・・こういったお客様の声に対して何かできないのか?いっそ買わずにレンタルしてもらうことができたら面白いのに。でも、マッサージチェアみたいな高額なものをレンタルするということになると、月額いくらになっちゃうのかな・・・。

(お客様に喜んで頂けないと意味がない。とりあえず考えてみよう。)

こうして、振り出しに戻った私は全く想像もできないマッサージチェアのレンタル事業について考えることになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【会社が出来るまでの経緯、その②】

2009年5月30日 18:48

今回は会社設立の経緯、その2をご紹介します。

友人に誘って頂いた勉強会でファミリー株式会社の稲田二千武社長と出会い、な
んとか秘書の方に取り次いで頂いてご挨拶に会社を訪問しました。

秘書の方『こちらへどうぞ。』
仲『はい、ありがとうございます。』

(どんなお話しをして頂けるのかな?楽しみだな。)

と、ドキドキして社長室に入りました。

仲『失礼します。』
稲田社長『どうぞどうぞ。』

(!!・・・えっ、どういうこと?)

社長室に入ると、そこには8人ほどの幹部の方がテーブルに座っていました。名刺交換をさせて頂きましたが、取締役の方、営業本部の方などなど・・・。

(気軽にお食事って感じじゃないな・・・。)

稲田社長『じゃ仲島君、プレゼンして。』
仲『は?』

稲田社長『君がやっていることをプレゼンして。』

のん気に昼食をご馳走になるつもりでお邪魔したところ、通して頂いたのは営業会議の場。突然の無茶振りに必至で対応しました。当時、営業代行(フリーの営業マン)という仕事をしていたのでその仕事の内容ややり方を一通りご説明しました。

稲田社長『じゃ、何かやってもらうことにしましょう。』

仲『はい、頑張ります!』

仲『何をすればよろしいんでしょうか?』

2007年9月、この衝撃的なお昼の出来事から、マッサージチェアに携わるようになりました。

【会社が出来るまでの経緯、その①】 仲島@いやしのレンタル

2009年5月26日 21:10

今回は会社が出来るまでの経緯、その①について。

前回ご紹介した販売員としての経験ですが、そもそもなぜ販売員をすることになったのか。マッサージチェアメーカーであるファミリー株式会社の稲田二千武社長との出会いについてご紹介させて頂きます。

今から3年前、当時はホームセンターやカー用品店向けに様々な油を売る仕事をしていました。そんなある日、のことです。

『すごい社長の勉強会があるから。お前も来るよね。予約しといたから。』

『はい、参加します・・・。』

かなり強引な、いつもかなり強引な友人の勧めである勉強会に参加しました。有名な社長が来て頂けるとのこと。その勉強会の講師として参加して下さったのが、ファミリー株式会社の稲田二千武社長でした。

勉強会がはじまると、だんだんと議論が白熱してきました。

稲田社長『昔はいろいろと失敗したよ。例えば君らの年ぐらいのときには・・・。』

仲(・・・そこまで話して大丈夫なのかな?)

稲田社長『マッサージチェアっていうものはそもそもいらないものでしょう。最もいらない家電商品ですよ。』

仲(あっ、今うなずいてしまった(汗)・・・みんな微妙な反応してるな。)

稲田社長『だからこそ、感動していただけるような商品じゃないと意味がないんです。』

仲(あっ、ここがうなずくとこか!・・・みんな慣れてるのかな?)

議論は白熱してきて、

稲田社長『君達みたいな若い方が頑張らないでどうするんだ。我々みたいなじいさんに負けてちゃダメだよ。』

仲(確かにそうやんな。このおじいちゃん、面白い人やな。)

勉強会が終わり、名刺交換させて頂く機会がありました。私の番になったときに、なぜかテンションが上って猛烈な勢いで何かしゃべっていました。

稲田社長『君、面白いから今度昼ごはんでも食べに来なさい。』

仲『ありがとうございます!どなたにご連絡すれば宜しいですか?』

稲田社長『・・・そうだね。秘書の○○君に連絡してアポを取ってきてください。』

仲『ありがとうございます!』

今思えば、ただのリップサービスだったのかもしれません。確かあの時、間があったような・・・。その後、私は本当にアポを取って稲田社長に会いに行くのですが、行ってビックリ。のん気にお昼ご飯をごちそうになるつもりが、行った先はものすごい緊張感の走る会議の場所でした。

そのお話しは次回にご紹介させて頂きます。

« マッサージチェアの取り組みメインページアーカイブ商品紹介 »

プロフィール

癒しのれんたる

マッサージチェアレンタルの癒しのれんたる社長の運営日記です。みなさまからのコメントもお待ちしています!!

カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

フリーダイヤル 0120-06-9228新規レンタルお申し込み